AliceNetwork

ご覧いただいております皆様、多数のブログがある中、当ブログの「Alice Network」をお読みいただき、誠にありがとうございます。 映画の紹介、映画の感想評価をしたりできたらよろしいかと考えております。 合間に化粧品、メイク、美容、恋愛心理についてのお話を挟んでいこうと思います。

映画「グリンチ」の個人的な感想。

f:id:AliceNetwork:20210929182838p:plain

こんにちわ。アリス(@AliceNetwork000)です

誰だって独りじゃないことや、愛情の尊さを教えられる作品です。

 

グリンチのあらすじ

  • 幼い頃はつぶらな瞳が愛らしかったが、成長してすっかりひねくれてしまったグリンチ。洞窟の中で暮らす彼は、愛犬マックスの献身的な愛にもぶっきらぼうに対応し、山麓の村人たちに意地悪ばかりして楽しんでいた。いつも不機嫌で孤独なグリンチは、村人たちが大好きな「クリスマス」を盗んでしまおうと思いつくが……。

 

グリンチの感想。

もともとストーリー的には単純なお話。孤児院でさびしい思いをしたグリンチがクリスマスをキライになって、いじわるをするけれども、村人の歌に感動して改心する。

これだけの原作を見事に肉付けし、90分弱も飽きない映像にしたのはお見事です。

 

みどころは、なんといっても、おもしろすぎる発明品。グリンチはとても頭が良く、現実には不可能な、便利でクスッと笑えるグッズが出てきます。

それはスピーディーに展開するので、見逃せません。

 

そしてグリンチ唯一のペットである、犬のマックスの表情も見逃せません。

嬉しそうな顔やガッカリの顔など、細かく変わります。どんなにひどい仕打ちをされても、御主人様であるグリンチを慕って尽くしてくれます。

いとおしくなる、かわいいマックス。

 

吹き替えにしましたが、とても良かったです。

大泉洋さんはもちろん、秋山さんも上手で最初はだれかプロの声優さんかと思いました。ナレーターも若いベテランといった味のある声で心地よい感じです。

見終わってから宮野さんの経歴を見て驚き納得しました。

 

そして、村の映像もとてもキレイで素敵です。そのうちテレビでも観られるかもしれませんが、こんなに素敵な映像は映画館で観ておいたほうが絶対にいいと思います。

 

以上、今日もお読みいただきありがとうございました!

映画「ジョーカー」の個人的な感想。

f:id:AliceNetwork:20210924154652j:plain

こんにちわ。アリス(@AliceNetwork000)です

誰もがジョーカーになり得るし、なっていてもおかしくない、という怖さ・リアルを感じました。

 

ジョーカーのあらすじ

  • バットマン」の悪役として広く知られるジョーカーの誕生秘話を、ホアキン・フェニックス主演&トッド・フィリップス監督で映画化。道化師のメイクを施し、恐るべき狂気で人々を恐怖に陥れる悪のカリスマが、いかにして誕生したのか。「どんな時でも笑顔で人々を楽しませなさい」という母の言葉を胸に、大都会で大道芸人として生きるアーサー。しかし、コメディアンとして世界に笑顔を届けようとしていたはずのひとりの男は、やがて狂気あふれる悪へと変貌していく。

 

ジョーカーの感想

映画を見ながらこんなに身震いしたのは初めてです。

これはDCコミックの超有名ヴィランの誕生秘話の域を超えて、現代社会の喉元にナイフを食い込ませるかのような狂気と絶望に満ちた作品です。

 

ホアキン・フェニックスのあの肉体からして幾度も映し出される半裸の姿は、痩せているのになぜか肩のあたりが異様に隆起し、たったそれだけで彼の精神面での変動が透けて見えてくるかのようです。

 

同じ半裸の男と拳銃の文脈でいうとスコセッシの「タクシードライバー」が脳裏に浮かぶが、もう一つ忘れてはいけないのがその対をなす「キング・オブ・コメディ」の存在でしょう。

 

レトロな色調で映し出されるゴッサムシティの根底で生きる大道芸人、アーサーの、まるで人の不幸をまとめて請け負ったような日常に、まず惹きつけられます。

 

誰しも、彼ほどではないにしろ、嫌なことが連続して起きることはありますし、そんな時、悲しむよりむしろ笑ってしまうことだってあります。

ついてない現実から逃避するため、愉快な妄想の中で思いっきり自分を解放してみたくもなります。

 

トッド・フィリップス×ホアキン・フェニックスの「ジョーカー」は、観客の心の足を鷲掴みにして、物凄い力で地獄へと引き込もうとします。

かつて、コミックス上のヴィランにこれほどシンパシーを感じたことがあったでしょうか?

そうして、これまで誰も描かなかった「なぜ」に踏み込んだ本作は、絶望の果てにある妙にあっけらかんとした心の荒野を大都会のど真ん中に設定して、人の世の悲喜劇を新たな形で提示する。今年一番の強烈な映画体験。

始まるアワードシーズンを間違いなく牽引する1作です。

 

ぶっ飛んだコメディを手がけてきたトッド・フィリップス監督がこれほどスコセッシとデ・ニーロを引き合いに「ジョーカー」を奏でるとは・・・。

 

やはり私たちの暮らす今日の現代社会は混沌としたあの頃へ逆戻りしているのか。

日常を侵食するこの感覚が私らを狂わせます。誰しもの心の中にジョーカーはいると感じました。

 

この作品・・・是非皆さんに観ていただきたい・・・。

お時間のある方は是非。。。

 

以上、今日もお読みいただきありがとうございました。

映画「80デイズ」の個人的な感想。

f:id:AliceNetwork:20210923134040j:plain

こんにちわ。アリス(@AliceNetwork000)です

随所に細かくパロディや意外性が散りばめられており面白いです!

 

80デイズのあらすじ

  • 人類未踏の壮大な旅!80日で世界一周出来るのか??!19世紀、ロンドン。発明家フォッグ氏はケルヴィン卿と、とんでもない賭けをする。フォッグ氏と従者パスパルトゥー、フランス人女性モニクの3人の壮大な旅が始まった! 陸を駆け、海を越え、大空を飛び、地球を駆けめぐる3人に襲いかかるのは、予期せぬ危機とケルヴィン卿の妨害工作、そして思わぬアクシデント。果たして彼らは困難を切り抜け、タイムリミット内に無事生還できるのか!?

 

80デイズの感想

80日間世界一周」のリメイクかと思ったら、アクションコメディーだった。

ジャッキー・チェンが主役だから、大幅にアレンジしてあるが、なかなか面白かった。

 

鑑賞後に評価をみると、けっこう低くてビックリです。

個人的にはかなり好きなのに残念でした。製作費120億使っているのに、この出来はひどいとか、内容が薄いとか、キャストを活かしきれていないとかあったけど、そんなことないと思います。

 

ディズニー映画なだけあって、物語全体が明るいし、笑える部分も多いです。しかもテンポが早くて次々に展開していくから観ていて飽きない。

これだけで大満足でした。


しかもその上、コロナで海外旅行ができない状況だから、世界10カ国を回っている彼らを観ているだけで、こっちまで外国の雰囲気を楽しめました。

 

もう最高じゃないですか。

これは120億円かける価値があると思うし、今だからこそこういう希望を与えられる楽観的な作品が必要なんじゃないかなって思います。


ジャッキーの相変わらずのカンフーアクションも椅子アクションも梯子アクションもあり、ストーリーも楽しくとても良かったです。

 

気になった方は是非見てみてください!

 

以上、今日もお読みいただきありがとうございました!

映画「ベスト・キッド」の個人的な感想。

f:id:AliceNetwork:20210922135157j:plain

こんにちわ。アリス(@AliceNetwork000)です

とても心が熱くなる映画です。

 

ベスト・キッドのあらすじ

  • 母親の転職で、アメリカから北京に引っ越して来た11歳のドレは、言葉や文化がまるで異なる環境の違いから、いじめに遭ってしまう。そんなある日、ドレはカンフーの達人であるハンに出会い、猛特訓を開始。抜群の精神力を秘めていたドレは、見違えるように強い少年へ成長していくのだが……。

 

ベスト・キッドの感想

説明不要の名作ベスト・キッドのリメイク。主演はウィル・スミスの息子ジェイデン・スミスとお馴染みジャッキー・チェン

 

いじめられっ子の成長物語という題材はそのままに舞台と環境をチェンジし、異国の地に移り住む苦悩も追加されました。

 

良き師匠との出会い、絆、ロマンス、一見無意味そうな特訓などなどリメイク作品なので展開と結末は分かっているのですが演出がリメイクならではの物が多く新鮮です。

ここでそれを持って来るか〜という楽しみがあります。

 

前作を知っていればクスリとくる場面もちらほらあって楽しめます。

そしてジャッキーといえばアクションですが味のある演技をしていて役にピッタリとハマっています。

こういうジャッキーもアリですね。

 

なにより、この映画のテーマであるカンフーアクションもスピーディで見ごたえ十分です。

銃で打ち合うばかりの演出飽きた人は是非カンフーの素晴らしさに触れてみてください。

 

また、厳しい両親のプレッシャーに苦しみながらバイオリンを続ける恋人との純粋な恋愛にも癒されました。ライバル役の少年も子どもながら貫禄がありかっこよかったです。

 

何より良かったのが悪役のいじめっ子達をただの悪役で終わらせていないところですね。

 

ラストが気持ちいので是非見てみてください!

 

以上、今日もお読みいただきありがとうございました!

映画「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています」の個人的な感想。

f:id:AliceNetwork:20210921145234j:plain

こんにちわ。アリス(@AliceNetwork000)です

死んだふりの演出がとても笑えた️最後はホッコリ出来ました。

 

家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。のあらすじ

  • 家に帰ってきたサラリーマンのじゅんは、玄関で血を出して倒れている妻ちえの姿を目にして驚く。だが、血はケチャップで彼女は死んだふりをしているだけだった。驚く夫を見てほくそ笑むちえ。それを境に彼女は、ワニに食われたり、銃で撃たれたり、頭に矢が突き刺さったりと、さまざまなシチュエーションで死んだふりをするように。あきれるじゅんだったが、理由も言わずに奇怪な行動を続けるちえに対して不安を覚える。やがて、それらが彼女の発する何かのサインではないかと考えるが……。

 

家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。の感想

笑いあり涙と感動ありのすごくいい映画です。

 

こんなにいい映画だと思っていなかったので、なんとなく観てみたいで来てみたら、
心から観に来て良かったです。凄く運が良かった、と思いました。


まず観て損をしたとは思わないと思います。

 

少しでも観たいと思っていたのなら、自分がその背中を押してあげたいです。

私はお一人様なので一人で観ましたが、夫婦なら夫婦一緒に恋人同士なら恋人と一緒に、そうやって観る為にある映画だと自分は思いました。

 

主役の二人の夫婦と一緒に描かれる夫婦が実に対照的に描かれます。

そして主役の夫婦が前半から数々散りばめた伏線を後半にきちんと回収していきます。

 

笑いを随所に挟みつつ、実はとっても深い作品となっております。

映画タイトルから受けるイメージと実際観てみて受ける印象は恐らくいい意味で、とても期待を裏切ってくれると思います。

 

人にも勧めたい良い映画だったと思わないと私ははレビューなんて物は書かないので、騙されたと思って観てみるのも、また一興ですよ!

 

以上、今日もお読みいただきありがとうございました!

 

映画「8年越しの花嫁」の個人的な感想。

f:id:AliceNetwork:20210920105942j:plain

こんにちわ。アリス(@AliceNetwork000)です

これほど待てる人はいるのでしょうか・・・感動の作品です。

 

8年越しの花嫁のあらすじ。

  • 結婚を約束し幸せの絶頂にいた20代のカップル・尚志と麻衣。しかし結婚式の3カ月前、麻衣が原因不明の病に倒れ昏睡状態に陥ってしまう。尚志はそれから毎朝、出勤前に病院に通って麻衣の回復を祈り続ける。数年後、麻衣は少しずつ意識を取り戻すが、記憶障害により尚志に関する記憶を失っていた。2人の思い出の場所に連れて行っても麻衣は尚志を思い出せず、尚志は自分の存在が麻衣の負担になっているのではと考え別れを決意するが……。

 

8年越しの花嫁の感想。

ふーっ。っと見終わった後に息を吐きたくなる作品です。


感動する、涙するって言われてる作品は鑑賞前からこちらの期待が膨らみ、ハードルがあがります。

正直、ストーリーはえええ?!ってこちらがドキドキびっくりー!ってなわけではないが、1番驚くことはこれが実話であるということです。


このようなカップルが世の中に存在していることに驚きます。

こんなに相手の事を想い、愛して、相手の幸せを願い、元気になる事を信じ続けられる男性がいることに、鑑賞中に尚志さんを何度も「すごい」と思いました。

 

そして、それだけ愛され、信じてもらえた麻衣さんがものすごく羨ましくも思えました。

この世の中にこんなにピュアでまっすぐな人たちがいることを知れただけでも、この映画を見てよかったと思います。

 

ご両親の選択や言葉がものすごく考えさせられました。"家族"とそうでない立場の違いにもはっとさせられる事がありました。

 

佐藤健くんはこの作品でもとても素敵でした。一般の人らしい服装がなんとも言えず、それがまた、ごくごく一般的な普通のカップル感を演出していて、より共感がもてました。

実際の尚志さんと麻衣さんのドキュメンタリーも見ましたが、尚志さんの人の良さが健くんがバッチリ再現していたと思います。

 

印象的なシーンは、病室で、一度両親から来ないで欲しいと頼まれた尚志さんが、翌朝麻衣さんのそばに居させて欲しいとお母さんに伝え、お母さんが「ありがとう」というワンシーン。親として、自分の子供があんな風に思われ、愛されていたらとても幸せでしょう。

 

健くんの最高シーンは、「僕はずっと好きでした」と言ったシーン。めちゃくちゃカッコいいですし、キューンしますよ。

 

みなさんにぜひ見てほしい作品ですのでお時間ある方は是非!

 

以上、今日もお読みいただきありがとうございました!

映画「ソニック ザ ムービー」の個人的な感想。

f:id:AliceNetwork:20210915163040j:plain

こんにちわ。アリス(@AliceNetwork000)です

ソニックの爽快さはもちろん、ドラマありユーモアありで最初から最後まで面白かったです。

 

ソニック ザ ムービーのあらすじ。

  • 宇宙最速で走るパワーを持つ青いハリネズミソニックが、故郷を離れて遠い地球へとやって来る。ひょんなことから出会った保安官トムとバディを組んだソニックは、マッドサイエンティストのドクター・ロボトニックが企てる陰謀を阻止するべく大冒険を繰り広げる。

 

ソニック ザ ムービーの感想。

その能力が故に故郷を追われ、ずっと独りで生きてきたソニック。そんな彼がひょんなことから出逢う、困ったものを放っておけない好青年・トム。

 

2人のドタバタ珍道中が、極上のアクションと映像美でコミカルに描かれていく様には、観ていてお腹が痛くなりそうです。


しかし、そんな凸凹コンビがやがて築いていく確かな絆には、不覚にも思わず感動させられてしまいます。ずっと孤独だったソニックが、ようやく巡り合った仲間を守るために、悪の天才科学者に立ち向かっていく姿は、非常に痛快です。


「これが俺のパワーだ・・・もう逃げるために使わない。俺の友達を守るために使う!!」
っていうソニックのセリフが、とってもカッコよかったです。

 

子供向けですが、だからといって楽しめなかった訳じゃないです。

 

ストーリーは単純でわかりやすく 子供が喜びそうな内容でソニックの世界は ゲームをしないので わからないがゲームキャラだと言う事はだいたい知っていたレベルの知識ですが映像は良かったです。

 

ジムキャリー最高、この映画は彼の演技力が更に面白くしているね ついマスクを思い出した。

役柄はスパイダーマンのヴェランと同様の設定です。

 

続編もありそうだから期待したいです。

 

往年のファンは勿論のこと、情操教育にもオススメなので、家族でも是非ご覧になっていただきたい作品です。

 

以上、今日もお読みいただきありがとうございました!